本テキストは Wio LTE を開発する際に必要な環境を Windows 上に構築する手順です

準備するもの

開発環境構築の手順

Wio LTE を使うためには、開発環境の準備を行います

1. Arduino IDE

Wio LTE の開発(ソースコード記述、コンパイル、バイナリファイル転送)には、Arduino IDEを利用します。 Arduino のサイトから Arduino IDE をダウンロードし、表記に従ってインストールしてください

1-1. ダウンロード

download-arduino

arduino-ide-download-justdownload

1-2. インストール

※スタートメニュー内の Arduino が「Arduino IDE」です。これをダブルクリックで Arduino IDE を起動することになります

2. ボード定義のインストール

Wio LTE を Arduino IDE で扱えるようにするための機能を追加します

2-1. Arduino IDE を起動する

スタートメニュー内の Arduino をダブルクリックします

2-2. Arduino IDE の [ファイル] > [環境設定]

arduino-ide-preference-win

下記URL (https:// から .json まで) を 設定タブ にある 追加のボードマネージャのURL: へ入力して、保存をクリックします

https://www.seeed.co.jp/package_SeeedJP_index.json

arduino-pref

2-3. メニューの [ツール] > [ボード] > [ボードマネージャ]

一覧の中から SeeedJP STM32 Boards by Seeed K.K. を選択しインストールをクリックします
wio lte で検索すると見つけやすいです
(JP Mirror) となっているボードは選択しないでください

インストールの様子 wio-lte-handson / board-manager-wiolte

3. Wio LTE ライブラリのインストール

実際のプログラム(Arduino では スケッチと称します)で Wio LTE が使えるようにするライブラリを追加します

3-1. Arduino IDE を起動する

3-2. Arduino IDE の [スケッチ] > [ライブラリをインクルード] > [ライブラリを管理…]

一覧の中から Wio LTE for Arduino を選択しインストールをクリックします
wio lte で検索すると見つけやすいです
※ バージョンの表示は 2.4.0 となっていますが、インストール時の最新バージョンを選択するようにしてください

インストールの様子 wio-lte-handson / lib-wiolte

以上で、事前準備は終了です

Wio LTE の実機をお持ちの方は、Windows 向けの追加セットアップを行い、引き続き元のページから作業を続けてください。

実機をお持ちでない方はここで終了となります。当日に追加セットアップを行います。